読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの教育観

ましおがほぼ毎日、教育ネタをどっかから拾ってきてアレコレ書いてるやつです。

地方にも大学を。

大学

ども、ましおです。

2017.2.6に取り上げるニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

トピック

①大学の東京一極集中
②地方に大学を作るなら農学、政策、IT系でしょうな。

①大学の東京一極集中

日本中の若者が東京にばっかり集まっている。これは昔からの話ではあるが、2002年の大学敷地に関する何かしらの法律でより一層、色濃い現象として現れている。それから15年、まだまだ都心の大学は渋谷周辺を中心にキャンパス再編を行っていて、そろそろ機能としてパンクするんじゃないかと心配されている。
②地方に大学を作るなら農学、政策、IT系でしょうな。

都心の機能不全になる前に、そして地方が人口不足及び高齢化で消滅する前に、地方に大学を移設していこうとする動きがある。先日取り上げた、地方私大の公立化もひとつの施策である。そんな中で、どんな分野が地方に進出したら成功するのかも研究されていて、

①農学系/実地で実験できるし、成功したら地方ブランドとして売りやすい

②政策系/地方創生を実践的に取り組みながら学べる。そして土地に懐いた人は定住させて行ける。

③IT系/インターネットさえあれば成り立つ仕事。都心で暮らさなくても稼げるというライフスタイルを営める。セミリタイア願望強めの人向け。

ざっとこんなところだろうか。他にも親和性の高い学部学科があれば応援したい。

 

大学生が都心に集まることは、僕はいいと思っている派です。事実、京都という地方都市!?で学び出会える人の種類が格段に増えたことで人生が飛躍的におもしろくなったと自負してます。でも、人付き合いの摩擦でストレスが多いのも事実。人が嫌いなんだ!!って人は、地方でゆったりするのはいいと思いますよ。

ほな。

大学より待機児童でしょ。

大学 子育て 幼稚園 保育園

ども、ましおです。

2017.2.4に取り上げるニュースはこちら。

toyokeizai.net

トピック

①大学より待機児童でしょ。

②教育国債ってどうなの?

①大学より待機児童でしょ。

投資するところおかしくないっすか?自民党さん。まぁ、色んな権利調整や有権者の意識を惹くことも大切なのはわかりますが、まずは待機児童じゃないですか?国としてもどこに投資した時にどんな効果が出るかはご存知でしょう。待機児童に投資すれば働き方改革にも子育て改革にも繋がって、解決したい問題の糸口を掴めるはず。大学はもちろん投資して欲しいけど、今はまずやるべきことがあると思います。
②教育国債ってどうなの?

投資するからと言って、教育国債を発行するっていうのはちょっと不明瞭かと。国債以外にも予算の引っ張り方はたくさんあるはずだし、ソフトバンクの通信大学や大前さんのBBT大学みたいな大学革新は民間の方がノウハウや意識も強いはず。手立てはたくさんあると思うので、要検討していただきたい。

 

教育予算がとにかく少ない。これは日本でずっと言われているところで、そこに対するアクションとしてはとても嬉しいが、それよりも本当に困っている人に予算を回すのが国家としての務めだと思う僕からしては、大学よりも待機児童に投資してほしいと願うばかりです。

ほな。

 

日本でも素足教育は減少中!?

中学 小学校 高校

ども、ましおです。

2017.2.2に取り上げるニュースはこちら。f:id:mashio0376:20170202231119j:image

zuuonline.com

トピック

①ヨーロッパで素足教育が流行している!?

②日本で素足教育って当たり前じゃないの?

③素足教育が減少する理由

①ヨーロッパで素足教育が流行している!?

基本室内も靴を履く西洋文化に異変が起きているらしい。学校で靴を脱いでスリッパで生活させるとリラックス効果が働いて集中力も上がり勉強もしやすいようだ。イギリスでブームになっており、これからもどんどん広がる模様。

②日本で素足教育って当たり前じゃないの?

僕が卒業した小学校は上履きだったけど、中高はスリッパだった。しかし、今仕事で行ってる大阪の高校はみんな下履きで生活している。スリッパが当たり前じゃないことに気づき驚いている。あなたの出身校はどうでしたか?

③素足教育が減少する理由

スリッパじゃない学校が、なぜスリッパじゃなくなったのか?おそらく、それは「いじめ」だろう。スリッパを隠したり、画鋲が刺さったりしたんじゃないのかなぁ。なんでも「禁止!」にするのが好きな学校というシステムの中では自然な流れなのかもしれない。※③は全部憶測

 

素足って気持ちいいし、解放感があって僕はものすごく好きである。一年で4月~10月までの半年をビーチサンダルで過ごす僕にとっては、世界中に素足教育が広まってたくさんの同志が生まれることを期待している。

ほな。

 

 

新任高校教員のビックリ~教育困難校を通して~

高校

ども、ましおです。

2017.2.1に取り上げるニュースはこちら。

zasshi.news.yahoo.co.jp

トピック

 ①新任教員のイメージを覆す「教育困難校」の存在

教育困難校の必要性

③福祉領域に興味のある先生こそ「教育困難校」は面白いかも。

①新任教員のイメージを覆す「教育困難校」の存在

教育困難校という言葉はまだまだメジャーでないようらしい。この春から高校に勤務する友人と話す中で「教育困難校」というワードで今一つ盛り上がらなかった。イメージの共有ができていなかったからである。取り上げたニュースを読んでもらえばわかるが、教育困難校では勉強よりも生活習慣を育てたり、コミュニケーションの在り方を伝えたりする≪勉強以外の教育≫を必要としていることがある。「高校の先生になって、クラス全員で受験勉強に挑み第一志望を勝ち取れるようにしたい!」という意気込みは素晴らしいものであるが、それが実現できるのは先生になれるだけの学力が育むことができた彼(ら)の出身校と同等の進学校でしか実現できない理想でもある。卒業した高校だけのイメージで先生になると、配属先が教育困難校だったとき、「思っていたのと違う」となるかもしれないことを、高校教諭を目指す方と共有したい。

教育困難校の必要性

高校生になるとアルバイトができる。これは、教育困難校の生徒当人たちや保護者にとって素敵なことである。教育的側面からみても労働観を養えたりできると考えればいいことである。しかし、①家庭が崩壊し生活習慣がままならない②高校の先生ともあまり仲良くない③家庭、学校以外の他者とあまりつながっていないという3点セット環境にある生徒は、社会に出るとまぁ苦労するだろう。職場での常識が、わからないからである。そんな状態でハイティーンを越えると生活は正直、一生厳しいものになるだろう。社会的な一人間として成熟するためには、模範となる大人の存在は重要であり、その存在となれるのは現状の教育システムでは「高校の先生」になる。教育困難校の存在は、社会インフラとしてなくしてはならない、もはや強化すべきじゃないですかね。

③福祉領域に興味のある先生こそ「教育困難校」は面白いかも。

※ここから先は妄想に近いです。福祉領域を大学で学んでいる学生の就職出口として「高校の先生」もありかもしれない。特に児童福祉へのかかわりとして、イメージされるのは家庭、学校外のサードプレイスからのアプローチが大半だと思われるが、あえて学校というセカンドプレイスから関わる、もしくはセカンドプレイスからサードプレイスへの流れを作るといった過程をつくる活動もできなくないと考えた。福祉に強い先生がいたらサードプレイス側の人間としてはこの上なく活動しやすいことは確かだと思う。

 

ちょっと長めになりましたが、「教育困難校」というワードにいろんな方に触れてもらいたくてチョイスしました。興味関心ある人は、ぜひググって知見を広めてみてくださいな。ほな!

ついに「いじめの終わり方」が定義された

いじめ

ども、ましおです。

2017.1.31に取り上げるニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

トピック

①3か月が一目安に。

②仮説&検証でグレーゾーンの戦いが始まる。

 

①3か月が一目安に。

いじめの解消について定義が決まりそうですね。要点として①心身に苦痛がない状態が②3か月以上継続しているということ。巷で巻き起こっている論争として、a.なんで3か月なんだ!?やb.いじめは一生残り続けるもんだ!などいろいろありますが、いじめという現象の終わりを決めることで解決がしやすくなるのならばそれはそれでいいと思います。

②仮説&検証でグレーゾーンの戦いが始まる。

いじめの終わり方が3カ月以上の経過をみるというホワイトゾーンを設ける大指針が出された今後は、「3カ月という期間は適切なのか?」など、様々な個別例からグレーゾーンの課題が浮き彫りになってくると思われます。3か月がひとつの区切りだとする仮説に、個別具体例から検証を行い、何年かかけて指針の見直しがされる(かもしれない)。この3カ月という指針がもうひとつ上のレベルへ推敲されるまでの間、いじめの終わり方について「あれはいじりだった」「もう3か月以上、手を出していない」など指針と現場判断のグレーゾーンの戦いが続くんでしょうね。

 

僕は3カ月案は賛成です。仮説&検証でとことんまでいじめのグレーゾーンを極めていけば具体的な「いじめレベル要項」なども作れるんじゃないかと。「Lv.5以上のケースは警察だな。」なんて会話がされる日も来るのではないだろうか。そんな風に、いじめもきっちり法で裁ける対象へとレベルアップした方がいいと考えました。

ほな。

 

 

 

赤ちゃん大革命~ベイビーはデザインされる?~

子育て

ども、ましおです。

2017.1.29に取り上げる話題はこちら。

f:id:mashio0376:20170129091818j:image

www.gizmodo.jp

トピック

①赤ちゃんをデザインする「IVG」という技術

②デザイナーベイビーは医療的側面からみればめっちゃ賛成

③デザイナーベイビーに愛はあるのか?

④デザイナーベイビーはいじめられないか?

①赤ちゃんをデザインする「IVG」という技術

すでに1997年、アメリカで誕生しているデザイナーベイビー。今年、日本でいうならば成人式を迎えた人と同級生です。20歳の人!同級生にデザイナーベイビーがいるなんて驚きですよね。赤ちゃんをデザインする技術IVG(In Vitro Gametogenesis)」(直訳:試験管内配偶子形成、「配偶子」とは精子卵子のこと)ってものが世界には存在します。例えば皮膚の一部を切り取り、その細胞から卵子精子を作り出し、遺伝子操作をして受精卵を作成し体外受精させて生まれてきた子供、それがデザイナーベイビーと呼ばれる。といったものです。

②デザイナーベイビーは医療的側面からみればめっちゃ賛成

「子どもには健康で生まれてきてほしい。」これは、どんな人でも親になるならば思うことでしょう。しかし、がん治療薬の影響や遺伝子的な問題から五体満足でなかったり障害を持った子が生まれる確率の高い大人がいます。その人が親になろうとしたとき、IVGの技術を使って健康な子が生まれてほしいと思うのは当然であるだろうし、それを咎める権利はないでしょう。実際に、僕が不妊だったり遺伝子に問題があると事前に分かり倫理的にも認められたならばIVGの技術にお世話になると思います。

③デザイナーベイビーに愛はあるのか?

「健康な赤ちゃんが欲しい。」その思いから生まれてきた赤ちゃんに対しては、親は愛があると思います。親戚とかはわかりませんが。。。しかし、例えば日本人家系の夫婦が「目が青色の子がほしい」とIVG技術を使い、でも生まれてきた子は緑の目をしてたりしたら愛されないと思います。技術を頼る感情的な意図が、健康or容姿で愛のあるなしにかかわってくると思います。

④デザイナーベイビーはいじめられないか?

極端な例でいうと、悪い大人が、金色肌のパンチパーマの子どもを作ったとしましょう。「大仏やん」って大阪の学校ならいじめられると思います。緑肌の水かきがある子どもだったら「河童やん」ってなるでしょう。(※偏見が多大に含まれています。)こんなの絶対よくないですよね。親の勝手な意図で生まれてこさせられた子どもに人権なんてあってないようなことにされてしまいます。生まれながらの平等の権利が脅かされてしまいます。

 

デザイナーベイビーは、親の心の救いにはなるでしょう。しかし、自身がデザイナーベイビーだと知った子どもは果たして正気でいられるでしょうか?色々考えごとが多いテーマだと思います。ただ、やっぱり医療としては素敵な技術ですし魅力は僕も感じています。できれば、IVG倫理規定みたいなものがちゃんと作られて、なおかつ個別ケースで熟慮しながら技術発展していけば50年後くらいには当たり前になっていくかもしれませんね。

ほな。

 

僕は何円で育ってきたのか?

子育て

ども、ましおです。

2017.1.28にとりあげるテーマはこちら。

f:id:mashio0376:20170128125526j:image

benesse.jp

前から気になってたんですよ。「僕は何円で育ってきたんだろうか?」と。

トピック

①22年間の養育費(学費は別)約1640万!

②学費は幼~高公立出身で約504万、幼~医大私立出身で6000万超

③高校まで公立で文系私大のましお君の場合、合計教育費は約2500万

(単位は円)

 

①22年間の養育費(学費は別)約1640万!

赤ちゃんから小学校卒業するまで毎年100万円くらいかかるようです。現在、学生ってこともあり年収100万円ちょい程度では飯も食べさせてあげられません。卒業してすぐに結婚出産って現実的にハードル高いんですね。。

②学費は幼~高公立出身で約504万、幼~医大私立出身で6000万超

学費だけを見た場合、公立高卒の18年間だけでも504万円。大学行くと500万円以上の学費がさらにどーーーんっとのしかかってくるわけですね。奨学金借りても非正規労働じゃ返済でジリ貧になってしまう。。結婚出産なんて言ってる場合じゃねぇ、、日本の出生率低下も無理ありません。

③高校まで公立で文系私大のましお君の場合、合計教育費は約2500万

公立高校出身で私大文系に進学した私の場合で考えてみたところ、ざっくり約2500万円必要だったそうな。うちは兄貴然り、おそらく妹も公立高校出身の文系私大(兄貴は院生なう)であるだろうから単純計算×3で兄弟合わせて7500万(+たぶんもっと)こんだけ恵まれてるうちはそれでも中流階級家庭なんだろうか?

 

詳しいお金のことは、ぜひベネッセ様のリンクにて確認してみてください。とにかく、自分が育ってくるのに必要だったお金を細かく計算してみると達する境地がありました。親父、おかん、ありがとう。。ぜひ、あなたも計算してみてください。親を見る目が変わるかも!?

ホント、まじめにお金のことは勉強しよう。

ほな。