読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの教育観

ましおがほぼ毎日、教育ネタをどっかから拾ってきてアレコレ書いてるやつです。

地方にも大学を。

ども、ましおです。

2017.2.6に取り上げるニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

トピック

①大学の東京一極集中
②地方に大学を作るなら農学、政策、IT系でしょうな。

①大学の東京一極集中

日本中の若者が東京にばっかり集まっている。これは昔からの話ではあるが、2002年の大学敷地に関する何かしらの法律でより一層、色濃い現象として現れている。それから15年、まだまだ都心の大学は渋谷周辺を中心にキャンパス再編を行っていて、そろそろ機能としてパンクするんじゃないかと心配されている。
②地方に大学を作るなら農学、政策、IT系でしょうな。

都心の機能不全になる前に、そして地方が人口不足及び高齢化で消滅する前に、地方に大学を移設していこうとする動きがある。先日取り上げた、地方私大の公立化もひとつの施策である。そんな中で、どんな分野が地方に進出したら成功するのかも研究されていて、

①農学系/実地で実験できるし、成功したら地方ブランドとして売りやすい

②政策系/地方創生を実践的に取り組みながら学べる。そして土地に懐いた人は定住させて行ける。

③IT系/インターネットさえあれば成り立つ仕事。都心で暮らさなくても稼げるというライフスタイルを営める。セミリタイア願望強めの人向け。

ざっとこんなところだろうか。他にも親和性の高い学部学科があれば応援したい。

 

大学生が都心に集まることは、僕はいいと思っている派です。事実、京都という地方都市!?で学び出会える人の種類が格段に増えたことで人生が飛躍的におもしろくなったと自負してます。でも、人付き合いの摩擦でストレスが多いのも事実。人が嫌いなんだ!!って人は、地方でゆったりするのはいいと思いますよ。

ほな。