読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの教育観

ましおがほぼ毎日、教育ネタをどっかから拾ってきてアレコレ書いてるやつです。

多様な学びの場におけるゲーム問題

ども、ましおです。

2017.2.11に取り上げる話題はこちら。f:id:mashio0376:20170210002348j:image

www.famitsu.com

トピック

①ゲームのやり過ぎはどうなんだろう⁉︎

②ゲーム×教育が熱い!

①ゲームのやり過ぎはどうなんだろう⁉︎

多様な学びの場において、カリキュラムが存在しないことはよくある話ですよね。そんな中では、もちろんゲームについても多少のルールこそあれど基本的には自由です。そんな環境を見たまともな大人はしばし、「あんなにゲームやって、子供は大丈夫なんですか?」と聞きます。または、「悪影響はないんですか?戦争ゲームなんて…」なんてことも言われますね。僕の意見としては、何の問題もありません。一部の事例としては、やり過ぎて病気になったり生活習慣が狂ったりしますが、基本的にはいいでしょう。このご時世、目が悪いぐらい当たり前です。それに、戦争ゲームをやってる子どもに、「ゲームやって人殺ししたいと思う?」って聞いたら、「アホちゃう⁉︎これゲームやで。」って言い返されました。……そりゃそうだよね。
②ゲーム×教育が熱い!

ゲーミフィケーションという言葉をご存知だろうか?マインクラフトを含め、教育コンテンツをゲーム化することで子ども心をくすぐり勝手に気づいたら勉強熱心になっていた!みたいなことが考えられてる仕組みのことです。実は企業の研修なんかで、無人島で生活してこい!みたいのが存在します。ゲーム要素を取り入れた学習効果は、すでに色んなところで研究されて実践もされてます。ゲームは悪だ!なんて発想は、もう時代遅れのようです。

 

ゲームが悪だ!と言われて、あんまりゲームをせずに育ちましたが、ゲームから学んだことはたくさんありますし、ポケモンの話題で友達ができたりもしました。僕は子どもにゲームをちゃんと楽しませたいなぁと思います。ピクミンとかやらせて、人生について教えたいなぁ笑

ほな( ´ ▽ ` )