読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましおの教育観

ましおがほぼ毎日、教育ネタをどっかから拾ってきてアレコレ書いてるやつです。

療育手帳とは?

ども、ましおです。

2017.2.15に取り上げる話題はこちら。

h-navi.jp

 

トピック

療育手帳ってなんだ?

療育手帳に関する保護者の葛藤

 

療育手帳ってなんだ?

療育手帳とは、知的障害が医療機関などで認定された場合、自治体へ提出することでもらえる手帳のことです。レベルによって重度/軽度(B.B2など)に分類されていて、そのレベルによって自治体によりますが就労、教育、公共サービスなどが支援されることがあります。

療育手帳に関する保護者の葛藤

この療育手帳は、子どもが持っていたら就労や教育など社会的なサービスに参画しやすくなる半面、手帳を保持することによって知的障害であることを自覚させるということにもなります。この手帳の存在を、子ども自身を苦しめるのではないだろうかという葛藤があったり、保護者として自分の子供が知的障害であることを認めないといけないという問題にも直面します。やはり、親としては「うちの子に限ってそんなことはない。」と思いたくなる気持ちはあるようです。

 

療育手帳」はまだまだ、そんなに普及しているものでもないようです。もし、自分の子が「覚えが悪いなあ」と思って病院へ連れて行ったとき「知的障害です。」と言われたら、少し悩むと思います。自分ならばどうするか?は、親になっていく若い世代の人同士で語り合いながら少しずつ考えていくべき問題かもしれません。

ほな。